m e l l o w

calender entry comment trackback category archive link
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-
心が豊かになる生活
きこ
今年もあと数時間
この年末は 家でまったり過ごしています

学生の頃はクリスマス辺りから冬休みだけれど
社会人での冬休みはついこの間に始まって
テレビの中や街の年末ムードに
自分の気持ちだけ ついていっていない気分

ガキ使はしっかり録画して
さっきまでジム・ジャームッシュ「ブロークン・フラワーズ」を観てました
ビル・マーレイが またまた哀愁まる出しで
ちょっと間抜けな独り身の男を演じてる
初ジム・ジャームッシュで 賛否両論なこの映画だけれど
私はすごく肌に合った

ジャームッシュと言えば オダギリジョー
結婚には驚いたなぁ
でもとってもお似合いなカップル
記者会見での香椎由宇がかわいすぎた
「パビリオン山椒魚」での2人の絡みは
こっちが照れちゃうほど自然だったものなあ


はてさて
自分のこの一年はというと
社会人一年目で 初めは緊張の連続
今はだいぶ会社の人にも慣れ
自分のキャラクターも分かってもらえている

ただ やっぱり自分の甘さがむき出しにされた一年だった
上司からピシャリとお言葉をいただき
自分の仕事量の少なさを感じた

東京は待っていても情報が入ってくるけれど
こっちは自分の足で情報を稼がなきゃなんだ
常に問題意識を持って
テーマを持ってなくちゃ
取材にも行けないし 仕事もできない

そんな風に 課題だらけで年越しを迎えるけれど
やっぱり文章をかくことは好きなようで
この仕事につけてよかったと心から思う
いろんな人の話を聞けることも 本当にありがたい環境だ


私生活はというと
なんだか学生の頃よりも 友達と遊んでいる気がする
仕事を始めて 生活にケジメが出てきたことが大きいのかな
その点に関しては
学生の頃よりも 今の自分の方が好きだ

ゆれる・17歳のカルテ・埋もれ木・式日・それでも僕はやってない・不都合な真実
バベル・初恋のきた道・紅の豚・あの頃ペニーレインと・ヴァージンスーサイズ
月光の囁き・サマータイムマシンブルース・トークトゥハー・リトルダンサー・キサラギ
ヘドウィグアンドアングリーインチ・害虫・アモーレスペロス・魔女の宅急便
ナビィの恋・青い車・ロリータ・砂の器・大人は判ってくれない・ユリイカ
気狂いピエロ・ALWAYS三丁目の夕日・スウィングガールズ・深呼吸の必要
生きる・リリイシュシュのすべて・おもひでぽろぽろ・ごめん
スパニッシュアパートメント・スウィートシックスティーン・バンディッツ
ショーシャンクの空に・ダンボ・河童のクゥと夏休み・ブロークンフラワーズ

グレートギャツビー・エコノミカルパレス・流星ワゴン・秘密・くっすん大黒
ニシノユキヒコの恋と冒険・ジャージの二人・屈辱ポンチ・壇・猛スピードで母は
三島由紀夫レター教室・きりぎりす・ほんじょの鉛筆日和。・東京タワー
夏と花火と私の死体・光って見えるもの、あれは・感じて、息づかいを
ブラフマンの埋葬・ベロニカは死ぬことにした・お縫い子テルミー・カンガルー日和
人のセックスを笑うな・蝶々の纏足 風葬の教室・ゆっくりさよならをとなえる・砂の女
ハミザベス・今夜、すべてのバーで・クワイエットルームにようこそ・パラレル・壁
私的生活・リリイシュシュのすべて・腑抜けども、悲しみの愛を見せろ・TVピープル
対岸の彼女

今年出会った 映画と本
どうもありがとう

来年は もっともっとこういうものに触れたい
時間を有効に使える女になりたい
一日中寝て 時間をムダにしたこともたくさんあったものなあ
蒼井優ちゃんだって 忙しいのにあんなに映画を観ているのだから
広告批評のインタビューで「自分の中が豊かになる感じはある」と言っていたけれど
まさにそうだわ

やっと我が家にDVDレコーダーが来て
WOWOWを録画しまくっている行為が楽しい
去年も同じようなことをかいたけれど
やっぱり いい作品や人に触れて
心を豊かにできる生活にしていきたいなあ

こちらを覗いてくださっている皆さま
コメントを残すのが おろそかになっていますが
私も毎日 覗いては楽しませていただいています
今年もありがとうございました
来年も ぜひ よろしくお願いします
ニチジョウ
comments(9)
-
わたしのロバと王女
きこ


2日になったら
すぐ本屋さんに駆け込んで
この絵本を買いに行きたい

「わたしのロバと王女」は
この表紙だけでツボ(裏表紙はフラミンゴ!)

オードリー・フォンドゥカヴさん
要注目だなあ
そして文章は内田也哉子さん

ああ 2日が待ち遠しい
ブツヨク
comments(0)
-
ナツメロ
きこ


「モンパチとかケツメイシとかじゃなくて
 男の子にはこんな曲うたってほしいのに」
ってナマイキに言いながらうたってくれたこの曲

TRICERATOPSのRaspberry

懐かしすぎて
リアルに聴いてた時を思い出して切なくなって
でも 確かにそのとおりだって思った

こんな甘いうたを
和田サンみたいに違和感なくうたえる人がいるんだろうか

そんなことを考えながら 一晩中カラオケしてたのでした
数年前 失恋したての真冬のこと


この間 知り合いの人がアップしていたこのPVも懐かしい



どうして 懐かしい曲を聴いた時
思い浮かぶ風景は いつも冬なんだろう
♪♪♪
comments(2)
-
悲しいことも あるだろさ
きこ


きのうの「おもひでぽろぽろ」で
印象に残ったシーン

タエ子が
お母さんに注意されたことと自分の気持ちの葛藤で
モヤモヤしていると
商店街のお店から音楽が聴こえてくる

次第にタエ子も一緒になって
なかばムキになって
のっしのっしと歩きながら 唄を歌う

  苦しいことも あるだろさ
  悲しいことも あるだろさ
  だけど 僕らは くじけない
  泣くのはいやだ 笑っちゃおう
  すすめ
  ひょっこりひょうたん島

このシーン すごく励まされたなぁ
今更ながら とってもいい歌だ

急にひょっこりひょうたん島が見たくなって
you tubeで探してみるも
見つからず

うぅ 見たい・・・
♪♪♪
comments(2)
-
ほんとの優しさ
きこ
  人の優しさというのにはいろんな種類があって
  だけど
  優しいっていうのと
  かしこいっていうのは
  たぶん
  だいたい同じなんだと思う

「めがね」の監督 荻上直子さんの
papyrusでのエッセイから

心の底から優しい人って
きっと そうなんだと思うなー

優しくなりたい
***
comments(0)
-
COLTEMONIKHA
きこ


聴かず嫌いでした
今まで避けてました
ピコピコ+スウィートヴォイス

でも
聴くだけで ハッピーになれる!

景都ちゃんの あの透明感が欲しい。。

さて DISCASも進んでないことだし
「リリィシュシュ」観なきゃ
せっかく この音楽であがったのに
きっとこれ観たら どん底に下がるんだろうなぁ;
♪♪♪
comments(0)
-
苦手だけど
きこ
昨日は女性メンバーが足りないからということで
会社つながりのボーリング大会に行ってきた

ボーリングって 
いちいち気をつかって
毎回毎回 結果に反応しなきゃなんないし
メンドクセ

なんて思ってたけれど
4年ぶりのボーリング
いやいや 楽しかった♪

大会後の交流会?では
向かいに座った少し知り合いの人とお話する

この人がまた わたしの心をくすぐる人だった
見かけは大人しそうで可愛らしい人
学生の頃から映画が大好きで
わたしの知らない洋画を たくさんたくさん見ていて
不都合な真実を見たあとの感想について
「人類みんな死ねばいいのに」って毒を吐くとことか
「最近オオカミにはまっていて動物番組録画してる」なんて不思議ちゃんなとことか
わたし好みな人で すごく気になる人になった
本もたくさん読んでるらしい
いい出会いをしたなぁ

仕事がら ほんとにたくさんの人と接するから
ビクビクしたり ドキドキしたりすることが大半だけれど
こういう出会いも結構あるわけで
それがなんとも嬉しい

学生の頃は 仲良い子だけでちんまりやってたらいいやって感覚だったけれど
出会いって大切にしなきゃなーと今更気づく

最近 仕事でのブームは
仕事相手の人に「この辺で美味しいお店ないですか?」って聞くこと

仕事と関係ないから 場がなごむし
地域のことはそこで働いてる人が一番分かってるから
好きなものが似てる人にこの質問をすると
ほんとに素敵なお店を紹介してくれる

コミュニケーションって大事だ ほんと

苦手だけど
ニチジョウ
comments(2)
-
papyrus
きこ


村上龍の「愛と幻想のファシズム」につまづいてる最中
読みごたえのある雑誌にめぐり合えて
とても満足
こちらに逃げちゃいました

特集以外にも
伊賀大介や銀色夏生
根本きこや中谷美紀
北野武や岡村隆史や東信などの
連載ものがあって楽しい

こういう雑誌の短編小説って読んだことないけど
これは読んでみようという気になる
なぜか

わーい 来月も楽しみだ
この本のおかげで 電車に乗るのもわくわくする



ちなみに この号
欲しかったなぁ・・・
ヨミモノ
comments(0)
-
美術館で眠る
きこ


ずっと行きたかった
丸亀の猪熊弦一郎現代美術館へ

まずカフェレスト ミモカに行ったのだけれど
ここがとっても居心地が良かった!
ランチも美味しかったし(料理の名前にうといから説明できない)
スコーンも生クリームもジャムも美味しくて
本を読みながら 外を見ながら
ゆっくり静かな時間を過ごせた

ここは原美術館のカフェ ダールに続き
気に入ったなぁ



そして エルネスト・ネト展にやっとご対面

入った瞬間 やわらかい匂いに包まれ
お客さんはほとんど寝転んでいて びっくり
でも 淡い光とふわふわした触感に
私もうとうととしてくる

結局 2時間ぐらい寝てしまった

知らない人もいる中で
こんなに爆睡してしまったのは初めて
でも 大人がこうやって所々で眠っているのを見ると
みんな子供にかえっているように見えて
なんだか微笑ましかった

美術館で寝るだなんて とても貴重な体験
でも ネトの展示の場合
こうやって作品の中で寝ることも
きちんと作品を感じていることなのかも
なんて
マタタビ
comments(2)
-
あったかい島
きこ
今ブームの直島へ

船を降りた時から
赤いかぼちゃとスマートな海の駅が目に入り
うぅん さすが直島とうなる




家プロジェクトはほとんどが工事中やお掃除中だったりで
残念だったのだけれど
タレルの南寺は とっても面白かった!
あんなに真っ暗な空間に居るという経験がないから
不安とわくわくでいっぱいだった

ベネッセハウスはとてもセレブリティ
結婚したら 旦那さんと一度泊まってみたいな
周りにはカラフルなネコやヘビがいて楽しい



ここにもかぼちゃ
ぽてんとした大きさがとてもかわいい



泊まった民宿のナイトツアー
直島の夜はとても静かで
まん丸なお月様が神秘的だった
波の音と この月明かりだけで
いつまでも居れそう

次の日は地中美術館へ

空間を贅沢に使った忠雄マジック
空と一体化した美術館は
空そのものもアートだった

鑑賞のために靴を脱ぐ動作も
いちいち嬉しくて
もっとこういった体験型の展示会が増えてほしいと思う

島の人達は本当に優しい
道に迷ってポツンと立っていると
「どうした?」と声を掛けて
車に乗せて案内してくれたり
夜道を歩いていると
「こんばんは」と挨拶をしてくれたり

民宿の人達も本当に親切で(ココはかなりオススメ)
他のお客さんと茶の間でおしゃべりしたのも
貴重な時間だった
けっこうたくさん話したのに
名前を聞くのを忘れたな・・と思いながらも
かえって それが心地よかったかもしれない

アート目的で直島に来たけれど
やっぱり人そのものの印象が大きくなるもんなんだな
これからもどんどん観光客は来るだろうけど
島の雰囲気は変わらないでいてほしいよ
マタタビ
comments(0)
-
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem